不同沈下とはUNEVEN SETTLEMENT

  1. ホーム
  2. 不同沈下とは

不同沈下について

構造物の基礎地盤の沈下に伴い、構造物の各部で不均一な沈下が生じる現象を不同沈下(不等沈下)と呼びます。

一般に沈下が全体的に一様であれば構造物に破壊や変状を生じることは少ないのですが、不同沈下すると傾斜したり変形して亀裂(きれつ)を生じやすくなります。軟弱地盤上に構造物をつくる場合には、基礎地盤の圧密沈下に伴う不同沈下を十分考慮しておく必要があります。とくに軟弱層厚が急変しているような所では大きな不同沈下を生じるおそれがあります。また、異種の基礎、とくに支持条件の異なる基礎を併用したために不同沈下し、被害を受けた例もかなり多くあります。このほか、各基礎に作用する荷重の大きさの違いや、施工時に生じる基礎地盤の局部的な乱れなども不同沈下の原因となる場合があります。

不同沈下によって起こる住宅の欠陥
不同沈下によって起こる住宅の欠陥
不同沈下によって起こる住宅の欠陥:
外壁や基礎の亀裂
不同沈下によって起こる住宅の欠陥
不同沈下によって起こる住宅の欠陥:
ドアや窓の不開閉

一般に沈下が全体的に一様であれば構造物に破壊や変状を生じることは少ないのですが、不同沈下すると傾斜したり変形して亀裂(きれつ)を生じやすくなります。軟弱地盤上に構造物をつくる場合には、基礎地盤の圧密沈下に伴う不同沈下を十分考慮しておく必要があります。とくに軟弱層厚が急変しているような所では大きな不同沈下を生じるおそれがあります。また、異種の基礎、とくに支持条件の異なる基礎を併用したために不同沈下し、被害を受けた例もかなり多くあります。このほか、各基礎に作用する荷重の大きさの違いや、施工時に生じる基礎地盤の局部的な乱れなども不同沈下の原因となる場合があります。

『欠陥住宅』と呼ばれているものの75%は地盤の影響からくる不同沈下によるものです。不同沈下が起こると、外壁に亀裂が入ったり、ドアや窓・建具の開閉が困難になったり等の不具合が生じます。一概に「大工さんのミスによる欠陥住宅」というわけではないのです。これを未然に防ぐ手立てが地盤調査であり、地盤補強工事です。

当社は地盤調査の受付から地盤補強工事完了までをスムーズな流れにのせ、工務店さんの良い家づくりに、地盤の信頼というプラスαの部分を担当します。私たちの加盟する地盤保証検査協会では、全国で21社の地盤調査会社が年間1500件以上の保証付地盤調査を行っております。不同沈下事故ゼロを目標とし、地盤のプロとして実践する事を宣言します。

不同沈下や住宅地盤に関する
お問い合わせは、
お気軽に
山下工業株式会社にご相談ください。

CONTACT

地盤調査、地盤改良、不同沈下、地盤保証などのご相談は、
山下工業株式会社にお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00~17:00)
地盤保証検査協会(指定地盤調査会社)
山下工業株式会社
桂営業所(京都)
075-383-5445
大阪営業所
06-6484-0725