表層地盤改良工事

  1. ホーム
  2. 事業内容
  3. 地盤改良工事
  4. 表層地盤改良工事

表層地盤改良工事とは

表層改良工法は、一般的に0.25m~1.0m程度の軟らかい層に採用します。
セメント系固化材を軟弱地盤に散布してバックホーにより混合、転圧して盤状の改良をする工法です。

表層地盤改良工事
表層地盤改良工事

浅層混合処理工法

表層地盤改良工事の特長

  • 1水が不要
  • 2工期が短い
  • 3施工機械の選定により狭い場所での施工も可能
施工要領
  1. 1基礎底までの鋤取り

    基礎底までの鋤取り
  2. 2固化材散布/混合・撹拌

    固化材散布/混合・撹拌
  3. 3バックホー又はローラーによる転圧・締固め

    バックホー又はローラーによる転圧・締固め
  4. 4埋戻し・整地・/施工完了

    埋戻し・整地・/施工完了

ライジング工法

ライジング工法とは

ライジング工法は、あらかじめ掘削した土を掘削部に投入し、独自に開発した攪拌バケットを用いて土とスラリー(W工法)または土と固化材(D工法)を攪拌混合することで、均質性の高いブロック状の改良体を構築する地盤改良工法です。従来よりの表層改良に比べ攪拌性能を向上させ、またライジングテスター(比抵抗測定試験)により攪拌状況の確認を行うことで、高い施工品質を実現します。

建築技術性能証明を取得

ライジング工法は(財)日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得しています。

建築技術性能証明 建築技術性能証明
幅広い用途に対応
  • 小規模建築物の基礎

    小規模建築物の基礎

  • 中層建築物の基礎

    中層建築物の基礎

  • 河川築堤・護岸の基礎

    河川築堤・護岸の基礎

  • 道路・盛り土の沈下防止

    道路・盛り土の沈下防止

  • 土留め・止水壁

    土留め・止水壁

攪拌バケット

ライジングW工法は、あらかじめ掘削した土を掘削部に投入し、独自に開発した攪拌バケットを用いて土とスラリーを攪拌混合し、均質性の高いブロック状の改良体を構築する地盤改良工法であり、攪拌バケットの前面に十字あるいは縦または横に取り付けた平鋼により土塊をほぐすことで攪拌性能が向上することを意図して開発した工法です。

攪拌バケット 攪拌バケット 攪拌バケット 攪拌バケット

CONTACT

地盤調査、地盤改良、不同沈下、地盤保証などのご相談は、
山下工業株式会社にお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00~17:00)
地盤保証検査協会(指定地盤調査会社)
山下工業株式会社
桂営業所(京都)
075-383-5445
大阪営業所
06-6484-0725